HOME SITEMAP お問合せ
  会社概要 会社沿革 商品紹介    
      (※轄ヲr組資料による)
             
             
 
キンセイシート
 
キンセイPVシステム
 
耐震リング
 
仕口ダンパー
 
仕口ダンパーについて
 
耐震設計
 
取り付け方法
 
アッシュフォードフォーミュラ
 
サンフェース
 
シポフェース
 
ガードフェース
 
 
仕口ダンパーは、既存の基準的な木造住宅なら、延べ坪当たり1箇所の割合(QMまたは15cmタイプ)でバランスよく取り付けることで住宅の耐震性能が向上します。本格的な耐震改修や新築の場合は構造設計者の指示と設計図に基づいて取り付けて下さい。
1階の柱と土台の仕口部に仕口ダンパーを取り付けた例 1階の柱と2階の梁の仕口部に仕口ダンパーを取り付けた例
 
仕口ダンパーは仕口部が回転変形したときに有効に働きます。そのためには、下図のようにほぞや柱軸力あるいは仕口金物の何れかが必要です。また地震時や暴風時に過大な引き抜き力が働く柱には別途の引き抜き防止金物が必要となります。
短ほぞ 軸 力 V型金物(片面) 長ほぞ込栓打ち
 
※通常の住宅の柱では、同方向に2個の仕口ダンパーを取り付けると地震時に柱を傷めてしまうことがあります。柱の両サイドに取り付ける場合は構造設計者にご相談ください。
 
 
 
 
 
タイプ QMタイプ 15cmタイプ 20cmタイプ 30cmタイプ ビスタイプ
取付方法 専用ねじ
(径.4.6mm、
長さ50mm)
専用ねじ
(径.4.6mm、
長さ50mm)
専用ねじ
(径.4.6mm、
長さ50mm)
コーチボルト
(径12mm、長さ100mm)
本 数 2×8本 2×11本 2×12本 2×6本
取付柱サイズ 10.5cm角(同等断面)以上 18cm角(同等断面)以上
備 考 締結機器は次の仕様を推奨する。
インパクトドライバ:最大トルク9.8kN・cm以上、電圧12V
 
※ 専用ねじ
専用ねじの材質はステンレスSUS410です。ねじ形状の工夫により、木材からの引き抜きに対する抵抗力(引抜強度)を高め、施工時のねじれに対する抵抗力(トルク強度)を向上しています。
(製造:山喜産業)
 
 
 
    (L = ダンパー一辺の長さ)
梁のレベルが高い場合は、添え梁をボトルで取り付けて段差を無くします。 段差が小さい場合(10mm程度)は、添え板を接着剤やビスで梁と一体化します。 仕口が直角でない場合は、勾配付きの添え板を介して取り付けます。
 
 
 
 
 
▲ このページのTOPへ
 
 
 
Copyright(C) 2005 KINSEIKENZAI CORP. All Rightes Reserved.
(このホームページに掲載のイラスト・写真・音声・その他のコンテンツの無断転載を禁じます)